Oracle XML Publisherを使用したOracle E-Business Suiteのレポート作成

このチュートリアルで は、Oracle E-Business Suite環境のOracle Business Intelligence Publisher(Oracle BI Publisher)とも呼ばれるOracle XML Publisherの基本機能について説明します。 また、テンプレートおよびレポートの作成方法とレポートの公開方法を学習します。

約1時間

トピック

このチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

 
 
 

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットがロー ドし、表示されます。 (警告:すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

注:各手順に関連したスクリーンショットのみをロードして 表示する場合は、それぞれの手順にあるアイコンの上にカーソルを置いてください。 スクリーンショットをクリックすると、非表示になります。

概要

Oracle Business Intelligence Publisher(Oracle BI Publisher)とも呼ばれるOracle XML Publisherは、データの抽出と表示の標準テクノロジを活用するテンプレート・ベースのレポート作成ツールです。 ビジネス・ユーザーは、一般的なデスクトップ・ツールを使用して、レポート自体のレイアウトとルールを作成できます。 開発エンジニアは、もっとも効率的な方法でデータの抽出に専念できます。 配置時間は短縮され、最小限のトレーニングを受けたビジネス・ユーザーは、エンジニアが提供したデータソースに基づいてテンプレートとレポートを設計でき ます。これによって、所有コストが大幅に削減されます。

トピック・リストに戻る

このチュートリアルでは、Receivables Customer Balance Letter(ARXCOBLX)のレイアウト・テンプレートの作成方法を説明します。 顧客の未払残高を示すレターを作成します。 このレターには、未払いの請求書と一部が支払われた請求書の表が含まれます。 テンプレートをTemplate Managerに配置し、レポートを実行して出力を生成します。

このコースには、以下の内容が含まれます。

  • データ:Receivables, Vision Operations(USA)アプリケーションから事前に定義されたOracle Reportsレポートを使用します。 このレポートは、レポートのデータ・モデルとして使用され、XML形式のデータを生成します。 このXMLファイルを使用して、レイアウト・テンプレートを作成します。
  • レイアウト・テンプレート:Oracle BI Publisher Template BuilderのMicrosoft Wordアドインを使用して、このレポートのレイアウト・テンプレートを作成します。 Oracle BI Publisher Template Builderは、Oracle BI Publisher Desktopとともにインストールされるコンポーネントです。
  • Template Manager:Oracle E-Business SuiteのTemplate Managerを使用して、レイアウト・テンプレートを配置します。 同じレポートの複数のテンプレートを配置し、いずれかのレイアウト・テンプレートとともにOracle E-Business Suiteのレポートを実行して、出力を表示します。
  • 配信:テンプレートを使用してOracle E-Business Suiteのレポート出力を生成し、エンド・ユーザーまたは受信者の選択に基づいて複数の配信チャネルを通じて配信できます。 注:こ のチュートリアルではこの詳細を説明しません。

この完全なプロセスがOracle Concurrent Managerに統合されているので、ユーザーは現在と同じレポート送信を実行できます。

トピック・リス トに戻る

前提条件

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。

1.

Oracle E-Business Suite 11.5.10インスタンス以上。 このチュートリアルは、Oracle E-Business Suite Release 12インスタンスに基づいています。

以下の権限が必要です。
- Oracle XML Publisher Administrator
- System Administrator
- Receivables, Vision Operations(USA)

2.

Windows PC上のJava Runtime Environment(JRE)1.4およびMicrosoft .Net 2.0

3.

Windows PC上のMicrosoft Word 2000または2003

 

注:このチュートリアル のスクリーン・キャプチャは、Windows XP環境のものです。 したがって、スタート・メニューのオプションが若干異なる場合があります。

 

トピック・リス トに戻る

Oracle XML Publisher Desktop(Oracle BI Publisher Desktop)のインストール

Oracle XML Publisher Desktop/Template Builder 5.6.3以上のバージョンを使用できます。 このチュートリアルでは、Oracle BI Publisher Desktop 10.1.3.2.1が使用されます。 こ こからOracle BI Publisher Desktopをダウンロードできます。

トピック・リス トに戻る

XML形式のOracle Reportsレポート出力の設定

最初のタスクは、XML出力を生成するOracle Reportsレポートの設定です。 Oracle Reportsレポートのコンカレント・プログラムに定義されているシステム管理者として、これを実行します。

トピック・リス トに戻る

Oracle Concurrent Managerを使用したサンプルXMLファイルの作成

Customer Open Balance LetterのサンプルXMLデータファイルを生成するには、Oracle Concurrent Managerでリクエストを送信してレポートを実行し、XML形式の出力を作成する必要があります。

1.

Oracle E-Business Suiteホームページへ移動し、権限をReceivables, Vision Operations (USA)に変更します。 左側のナビゲーション・バーの「Receivables, Vision Operations (USA)」をクリックします。 以下の画面と使用している環境が一致しない場合があります。 これは、保有している権限に依存します。

2.

下方向にスクロールし、Control : Requestsから「Run」リンクをクリックして、リクエスト送信フォームを開きます。 初めてアクセスする場合、Applicationsフォームが表示されるのを待機する必要があります。

3.

Submit a New Requestダ イアログ・ボックスが表示されます。 「Single Request」オプションを選択し、「OK」をクリックします。

4.

Submit Requestダイアログ・ ボックスで、Nameフィールドの横の省略記号「」をクリックします。

5.

Reports検索ダイアログ・ボックスが表 示されます。 customer%と入力して、「Find」をクリックします。

6.

リストから「Customer Open Balance Letter」を選択して、「OK」をクリックします。

 

 

7.

Parametersフィールドをクリックして、レポートの 他の値を入力します。Parametersダイアログ・ボックスが表示されます。 As of dateフィールドに01-Jan-2006と 入力します。


8.

顧客名を入力するには、右方向にスクロールし、Customer Name Fromフィールドの横の省略記号「」をクリックします。 Longlistダイアログ・ボックスで、a%を 入力して、「OK」をクリックします。

9.

リストから「A. C. Networks」を選択して、「OK」 をクリックします。

10.

Customer Name FromおよびCustomer Name ToフィールドにA. C. Networksが入力されていることを確認します。 「OK」をクリックします。

11.

リクエストを送信するには、「Submit」をクリックします。

12.

Decisionダイアログ・ボックスが表示されます。 ここではリクエストを送信しないので、リクエストIDを確認して、「No」をクリックします。

13.

Oracle Applicationsメニューから「View」→「Requests」 を選択します。

14.

Find Requestsウィンドウで、「All My Requests」オ プションを選択して、「Find」をクリックします。

15.

Requestsウィンドウで、Job IDを 検索して、ジョブのステータスを確認します。 ジョブが完了している場合、「View Output」ボタンをクリックします。

16..

ブラウザでレポートを表示します。 レポートに関連付けられているテンプレートがなく、XML出力が要求されているため、レポートはXMLファイルになります。 ローカル・ドライブにcustomer.xmlと してXMLファイルを保存します。

 

トピック・リス トに戻る

 

RTFテンプレートの作成

Oracle BI Publisherは、いくつかのタイプのテンプレートをサポートします。 もっとも一般的なRTFテンプレートは、さまざまな出力形式を提供します。 Microsoft WordアドインのOracle BI Publisher Template Builderを使用して、RTFテンプレートを作成できます。 テンプレートを作成する前に、Oracle BI Publisher Template BuilderまたはOracle BI Publisher Desktopがインストールされていることを確認します。 Balance Letter Start.rtfという既存のRTFテンプレート・ファイルを使用します。 こ こから開始テンプレートをダウンロードし、C:\tempにRTFファイルを保存します。

WordテンプレートでのXMLデータのロード
フォーム・フィールドの挿入

表の作成

WordテンプレートでのXMLデータのロード

レイアウト・テンプレートを開いて、XMLデータをロードします。 XMLデータをロードするには、以下の手順を実行します。

1.

Microsoft WordでBalance Letter Start.rtfファイルを開きます。 これは、事前に定義されたテンプレートです。 このテンプレートで、ヘッダー、フッター、Oracleロゴ、およびヘッダーのページ番号が追加されます。 また、フッターにテキストが含まれます。 Microsoft Word機能でこれらの処理が実行されます。 Microsoft Wordメニューから「挿入」→「」 →「ファイルから」をクリックして、イメージを挿入できます。


 

2.

Oracle BI Publisherメニューから「Data」 →「Load XML Data」を選択します。




3.

Please select XML dataダ イアログ・ボックスで、「customer.xml」ファイルを選択して、「Open」をクリックします。

4.

"Data loaded successfully"メッセージが表示された場合、「OK」をクリックします。

 

サブトピック へ戻る

トピック・リス トに戻る

カスタマ・レターにフォーム・フィールドを挿入するには、以下の手順を実 行します。

1.

<INSERT ADDRESS HERE>」を選択し、Oracle BI Publisherメニューから「Insert」→「Field」 を選択します。

2.

Fieldダイアログ・ボックスの「Customer Name」を選択して、「Insert」をクリックします。




3.

Customer Nameの下の行にカーソ ルを置いて、「Address Line 1」を選択します。 「Insert」をクリックします。 同様に、Address Line 3、Address Line 4、City、StateCountryを挿入します。 Fieldダイアログ・ボックスを閉じます。

4.

<INSERT DATE HERE>」 を選択します。 Oracle BI Publisherメニューから「Insert」→「Field」を選択します。 「C As of Date Display」を選択して、「Insert」をクリックします。

5.

同様に、次のように他のフィールドを変更します。

<INSERT CURRENCY CODE HERE>をTRX CURRENCY CODEに変更

<AMOUNT>を C_INV_OPEN_BALANCEに変更

6.

Microsoft Wordメニューの「ファイル」 →「保存」をクリックして、テンプレートを保存します。 Oracle BI Publisherメニューから「Preview」 →「PDF」をクリックして、PDFレポートを表示します。

 

 

サブトピック へ戻る

トピック・リス トに戻る

表の作成

このレターで、未払いの請求書と一部が支払われた請求書の表を作成しま す。 表を作成するには、以下の手順を実行します。

1.

レイアウト・テンプレートの「<INSERT TABLE OF INVOICES HERE>」テキストを選択します。 Oracle BI Publisherメニューから「Insert」 →「Table Wizard」を選択します。

2.

Table Wizardウィンドウで、「Table」 オプションを選択して、「Next」をクリックします。

 

3.

Grouping Fieldで、ドロップダ ウン・リストから請求書リストの最後の項目を選択します。 「Next」をクリックします。




4.

以下のイメージに示されているフィールドを選択し、右の列に移動します。 「Next」 をクリックします。

5.

Group Byウィンドウの「Next」 をクリックします。 レターのデータにグループはありません。

 

6.

Sort Byウィンドウで、ドロップダウ ン・リストから「Transaction Date」を選択します。 デフォルトの順番のAscendingを そのまま使用します。 「Finish」をクリックします。

 

7.

次のイメージのようにテンプレートが表示されます。 Microsoft Word機能を使用して、ルック・アンド・フィールを変更し、テンプレートの列を調整します。

8.

Microsoft Word機能を使用して、次のように列見出しを変更します。

9.

表の最後に新しい行を入力して、Amount Dueの 合計を表示します。 最後の行の内側にカーソルを置いて、メニューから「Table」→「Insert」→「Rows Below」を選択します。 新しい行のAmount列にTotalと入力します。

10.

最後の列に顧客のAmount Dueの合計 を追加します。 Totalセルの右側にある空のセルをクリックします。 「Insert」→「Field」 を選択します。

11.

Fieldウィンドウで、「Trans Amount Remaining」を選択し、Calculationドロップダウン・リストから「sum」を選択 します。 「Insert」をクリックして、「Close」をクリックします。

12.

次のイメージのように表が表示されます。

13.

見やすくするため、日付と金額のフィールドのデータ型とデー タ形式を変更します。 「C_AS_OF_DATE_DISPLAY」フィールドを選択してダブルクリックします。 Text Form Field Optionsウィンドウが表示されます。 Typeを「Date」に変更します。 次のように日付形式を変更します。

14.

同様に、Transaction Date列 の形式を変更します。

15.

TRANS_AMOUNT」を選択してダブ ルクリックします。 Number formatの「$#,##0.00」を選択して、次のように編集します。 Default numberフィールドに$999と入力します。 「OK」をクリックします。 同様に、Trans Amount Remainingsum Trans Amount Remainingの形式を変更します。

16.

TRX_NUMBER」を選択して、 Microsoft Wordツールバーの「中央揃え」アイコンをクリックします。 同様に、日付フィールドを中央揃え、すべての金額フィールドを右揃えに設定します。

17.

Balance Letter - Template.rtfとしてテンプレートを保存して、PDF形式でプレビューします。 Oracle BI Publisherメニューから「Preview」→「PDF」を選択します。 サンプル・データを含むプレビュー・レポートが表示されます。

他のMicrosoft Word機能をテンプレートに追加できます。

サブトピック へ戻る

トピック・リス トに戻る

レポートのデータ定義の作成

レポートを公開するには、テンプレートにマージするデータソースを登録す る必要があります。 次の項でレイアウト・テンプレート・ファイルを登録する場合、Template Managerに存在するデータ定義を割り当てる必要があります。 これによって、実行時に2つが関連付けられます。 複数のテンプレートで同じデータ定義を使用できるので注意してください。
データ定義を作成するには、以下の手順を実行します。

1.

Oracle E-Business Suiteにログインし、「XML Publisher Administrator」をクリックして、XML Publisher Administrator権限に変更します。 ただし、以下の画面と使用している環境が一致しない場合があります。 これは、保有している権限に依存します。

2.

Data Definitions」リンク をクリックすると、Oracle XML PublisherのData Definitionタブが表示されます。 「Create Data Definition」ボタンをクリックして、新しいデータ定義を作成します。

3.

Create Data Definitionで、 次のようにフォームを設定します。 コンカレント・プログラムの正しい略称ARXCOBLXを使用し、基礎となるコンカレント・プログラム とOracle Reportsレポートにこのデータ定義を正しく関連付けることが重要です。 Nameフィールドで任意の名前を使用できます。 このチュートリアルでは、"Customer Balance Data Definition"を使用します。 「Apply」をクリッ クします。

 

4.

確認メッセージが表示されます。 これで、Customer Balance Letterのデータ定義が正しく作成されました。

 

トピック・リス トに戻る

Template Managerを使用したテンプレートのアップロード

 

1.

Oracle XML PublisherのTemplatesタ ブ・ページで、「Create Template」をクリックします。

2.

テンプレート名にCustomer Balance Letter - Templateを 入力します。 検索アイコンを使用して、アプリケーション名に「Receivables」を選択します。 コードにARXCOBLXを 入力します。




3.

Data Definitionフィー ルドの横の検索アイコンをクリックし、cust%を入力して、「Go」をクリックします。 リストから「Customer Balance Data definition」オプションを選択して、「Select」をクリックします。

4.

Typeドロップダウン・リストからテンプ レート・タイプに「RTF」を選択します。 RTFファイルとしてテンプレートを保存しています。


5.

Microsoft Wordで作成したテンプレートをアップロードする必要があります。 作成したテンプレート・ファイルを選択するには、Template Fileセ クションを下方向にスクロールします。 Fileで、検索して「Balance Letter - Template.rtf」 ファイルを選択して開きます。

 

6.

LanguageEnglishを 選択します。


7.

テンプレート・フォームが次のように表示されます。 「Apply」 をクリックします。 テンプレートが正しく作成されていることを示すメッセージが表示されます。

トピック・リス トに戻る

テンプレートを使用したレポートの実行

1.

Oracle E-Business Suiteアプリケーション・ホームページで、Receivables, Vision Operations (USA)権限に変更しま す。 Control : Requestsから「Run」リンクをクリックします。

2.

Submit a New Requestウィンドウが表示されます。 「Single Request」オプションを選択し、「OK」をクリックします。




3.

Submit Requestウィンドウで、 省略記号「」をクリックします。

 

4.

Reports検索ウィンドウが表示されま す。 Findフィールドにcustomer%と入力し、「Find」をクリックしま す。


5.

リストから「Customer Open Balance Letter」を選択して、「OK」をクリックします。

 

6.

レポートの他の値を入力するため、Parametersダ イアログ・ボックスをクリックします。 As of dateフィールドに01-Jan-2006と入力します。


7.

顧客名を入力するには、右方向にスクロールし、省略記号「」をクリックします。 Longlistダイアログ・ボックスで、a%を入力して、「OK」 をクリックします。


8.

リストから「A. C. Networks」を選択して、「OK」 をクリックします。


9.

Customer Name FromおよびCustomer Name ToフィールドにA. C. Networksが自動的に入力されていることを確認します。 「OK」をクリックし ます。


10.

Layoutフィールドにレイアウト・テンプレート・ファイルが表示されているこ とを確認します。 「Options」ボタンをクリックして、レポートの完了後に設定できる他のオプ ションを表示します。


11.

Upon Completion..ウィンドウが表示されます。 このウィンドウで、ジョブが実行された後に実行できるアクションを指定できます。 レポートを1人以上のユーザーに通知でき、印刷するレポートを送信できます。 このチュートリアルでは、印刷を行いません。 「OK」をク リックします。


12.

Submit Requestウィンドウに戻ります。 「Submit」 をクリックして、リクエストを実行します。


13.

Decisionダイアログ・ボックスに表示されるRequest IDを 確認して、「NO」をクリックします。


14.

Oracle Applicationsメニューから「View」→「Requests」 を選択します。

15.

Find Requestsウィンドウで、「All My Requests」オプションを選択して、「Find」をクリックします。

16.

Requestsウィンドウで、Job IDを検索して、ステータ スを確認します。 ジョブが完了している場合、「View Output」ボタンをクリックします。

17..

View Output」ボタンをクリックして、ブラウザにレポートを表示しま す。 レポートがテンプレートのレイアウトとともに表示されます。 他のテンプレートを同じデータ定義に関連付けることもできます。

 

トピック・リス トに戻る

このレッスンで学習した内容は次のとおりです。

トピック・リス トに戻る

このチュートリアルでは、Oracle E-Business Suite環境でOracle XML Publisherを使用してレポートを作成する方法を学習しました。 Oracle XML Publisherは、Oracle Business Intelligence Publisher(Oracle BI Publisher)と呼ばれるスタンドアロン製品としても使用できます。 Oracle BI Publisherには、JDBC接続、HTTP経由のXMLフィード、Webサービスを提供するリレーショナル・データベースなどの広範なデータソース にアクセスできる追加機能および使いやすいウィザードがあります。 Oracle BI Publisherは、テンプレートの作成とレポートの定義を促進します。また、さまざまなテンプレート・タイプと出力形式を提供します(Excelワー クシートを作成するためにExcelを使用したり、Flash出力を作成するためにAdobe Flexを使用したりして、テンプレートを作成できます)。 Oracle BI Publisherの詳細については、こ こから他のOracle Technology Networkチュートリアルを選択してください。

トピック・リス トに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、 すべてのスクリーンショットが非表示になります。


Oracle Corporation発行の「Creating Reports in Oracle E-Business Suite Using XML Publisher」の翻訳版です。

この文書はあくまで参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されるこ とがあります。 万 一、誤 植などにお気づきの場合は、オラクル社までお知らせください。 オラクル 社は本書の内容に関していかなる保証もしません。 また、本 書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。

Oracle はオラクル社の登録商標です。
その他の会社名および製品名は、 あくまで その製品および会社を識別する目的にのみ使用されており、 それぞれ の所有者の商標または登録商標です。