Oracle XML Publisherを使用したPeopleSoftレポートの作成

このチュートリアルで は、Oracle PeopleSoftに統合されている場合のOracle XML Publisherの基本機能について説明します。 また、テンプレートおよびレポートの作成方法とレポートの公開方法を学習します。

約1時間

トピック

このチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

 
 
 

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットがロードし、表示されます。 (警告:すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

注:各手順に関連したスクリーンショットのみをロードして 表示する場合は、それぞれの手順にあるアイコンの上にカーソルを置いてください。 スクリーンショットをクリックすると、非表示になります。

概要

Oracle XML Publisherは、"Oracle Business Intelligence Publisher"(Oracle BI Publisher)とも呼ばれます。 Oracle XML Publisherは、データの抽出と表示の標準テクノロジを活用するテンプレート・ベースのレポート・ツールです。 Oracle XML Publisherは、レポートの開発中にプレゼンテーション・レイアウトからデータ・ロジックを切り離して、実行時に結合します。 そのため、技術コンサルタントは、Application Engine、PeopleCode、またはPSQueryを使用して、一般的なデータ抽出ロジックを個別に設計できます。また、機能コンサルタントおよ びエンド・ユーザーは、Microsoft Wordなどの一般的なデスクトップ・ツールを使用して、技術コンサルタントが作成したデータソースに基づくプレゼンテーションを設計できます。 問合せをデータソースとしても使用できるので、Oracle XML Publisherは、レポートを参照する必要があるユーザー(エンド・ユーザー)に不可欠なツールの柔軟性を拡張します。 これは、最小限のトレーニングでエンド・ユーザーが一般的な設計のデータソースに基づいてテンプレートとレポートを作成できることを意味します。これに よって、所有コストが大幅に削減されます。

トピック・リストに戻る

このチュートリアルで作成するレポートは、3つの部門(ADMIN、 ADMISSION、ALL_DEPTS)の年間給与の割合を示すPeopleSoftの問合せです。 このデータは、このチュートリアルのデモンストレーションだけに使用されます。 2つのグラフを作成してから表を作成します。 必要に応じて、グラフの作成をスキップして表だけを作成できます。

トピック・リス トに戻る

前提条件

このチュートリアルを始める前に次のことを確認してください。

1.

PeopleTools 8.48を実行していること

2.

Java Runtime Environment(JRE)1.4およびMicrosoft .Net 2.0

3.

Microsoft Word 2000(またはそれ以上)

 

注:このチュートリアル のスクリーン・キャプチャは、Windows XP環境のものです。 したがって、スタート・メニューのオプションが若干異なる場合があります。

トピック・リス トに戻る

Oracle XML Publisher Desktopのインストール

Oracle XML Publisher Desktop/Template Builderは、PeopleTools 8.48に付属しています。 PeopleSoft XML Publisherページからソフトウェアをダウンロードすることもできます。

トピック・リス トに戻る

既存の問合せの変更

最初に既存の問合せのPERSONAL_DATA_PAYを 変更し、department idの基準を適用して、データ量を削減します。 問合せを変更するには、以下の手順を実行します。

トピック・リス トに戻る

データソースの作成および登録

レポートを作成する前に、データソースを作成および登録する必要がありま す。 ユーザーの問合せは、アプリケーションがOracle XML Publisherレポート用のデータを取得するために使用するデータソースです。 Oracle XML Publisherは、PS Query、行セット、XMLファイル、および他のさまざまなタイプのデータソースをサポートします。 このチュートリアルでは、変更した問合せがデータソースになります。

1.

PeopleSoftアプリケーションにログインします。 左側のナビゲーション・バーで、「Reporting Tools」→「XML Publisher」→「Data Source」を開きます。

 

2.

PS Queryを使用するので、「Add a New Value」をクリックします。 Data Source Typeに「PS Query」を選択して、Data Source IDの「Look Up Query」検索アイコンをクリックします。

3.

begins withフィールドに「P」 と入力して、「Lookup」ボタンをクリックします。

4.

下方向にスクロールし、「PERSONAL_DATA_PAY」 をクリックします。

5.

Data Sourceページの「Add」 ボタンをクリックします。

6.

Data SourceページのData Source Propertiesセクションで、DescriptionDepartmental Annual Salaryを入力します。 Sample Data FileGenerate File列の「Generate」 をクリックします。

 

 

7.

データソースが生成された後、PERSONAL_DATA_PAYの XMLファイルが作成されます。 「Save」ボタンをクリックします。


8.

PERSONAL_DATA_PAY.XML」ファイルをクリックします。 ブラウザにファイルのXMLデータが表示されます。 C:\tempフォルダにXMLファイルを保存します。

 

トピック・リス トに戻る

 

RTFテンプレートの作成

Microsoft Wordプラグインを使用して、RTFテンプレートを作成します。 Personal_Data_Pay.rtfという既存のRTFテン プレート・ファイルを使用します。 こ こからテンプレートをダウンロードし、c:\tempにRTFファイルを保存します。

WordテンプレートでのXMLデータのロード
円グラフおよび棒グラフの作成

表の作成

WordテンプレートでのXMLデータのロード

基本テンプレートを開いて、XMLデータをロードします。 XMLデータをロードするには、以下の手順を実行します。

1.

Microsoft Wordで「Personal_Data_Pay.rtf」 ファイルを開きます。


 

2.

Data」をクリックして、「Load XML Data」を選択します。




3.

Please select XML dataダ イアログ・ボックスで、「PERSONAL_DATA_PAY.xml」ファイルを選択して、「Open」をクリックしま す。

4.

"Data loaded successfully"メッセージが表示された場合、「OK」をクリックします。

 

サブトピック へ戻る

トピック・リス トに戻る

円グラフおよび棒グラフを作成しない場合は、このセクションをスキップし てください。

円グラフおよび棒グラフを作成するには、以下の手順を実行します。

1.

表の最初のセルから<insert a pie chart here>テキストを削除します。 メニューから「Insert」→「Chart」を選 択します。

2.

Chartウィンドウで、「Row」 を選択して、次のように詳細を入力します。




3.

OK」をクリックします。 セルの幅に合うように、円グラフのサイズを調整します。

4.

同様に、棒グラフを挿入します。 <insert a vertical bar chart here>テキストを削除します。 メニューから「Insert」→「Chart」 を選択します。 Chartウィンドウで、「Row」を選択して、次のように詳細を入力します。

 

5.

OK」をクリックします。 棒グラフのサイズを調整します。

6.

テンプレートを保存して、PDF形式でプレビューします。 「Preview」をクリックして、ドロップダウン・リストから「PDF」を選択します。

 

 

サブトピック へ戻る

トピック・リス トに戻る

表の作成

すでにデータがロードされている表形式のレポートを作成します。 表を作成するには、以下の手順を実行します。

1.

グラフの表の下にカーソルを移動し、空白行を追加して、新し い表を挿入します。 「Insert」をクリックして、ドロップダウン・リストから「Table/Form..」を選択しま す。

2.

Insert Table/Formウィンドウが表示されます。 左側のData Sourceリストから「Row」を選択します。

 

3.

左側の「Row」をTemplate列 にドラッグして、「Drop all Nodes」を選択します。




4.

フィールドを選択して削除ボタンをクリックし、次のフィールドを削除します。

  • @rownumber
  • Position Nbr
  • Acct Cd
  • Monthly Rt
  • Hourly Rt

この結果、4個のフィールドが残ります。

5.

グループ化の詳細を設定します。 テンプレート列の「Row」 を選択し、プロパティ・ウィンドウでGroupingプロパティのドロップダウン・リストから「DEPTID」を選択しま す。

 

6.

OK」をクリックします。 Microsoft Wordに戻ります。 列のサイズ指定ハンドルをドラッグして、次のイメージのように表のサイズを調整します。

 

7.

Word機能を使用し、G DEPTIDフィールドを選択して、表の上に切り取って貼り付けます。

8.

次のように、表の内側と制御文字Eを選択します。

9.

表の外側の数行下に選択した領域を切り取って貼り付けます。

10.

外側の表を削除します。 外側の表を選択して、メニューから「Table」→「Delete」→「Table」を選択します。

11.

表の最後に新しい行を入力して、部門の平均年間給与の割合を 表示します。 表の行の内側にカーソルを置いて、メニューから「Table」→「Insert」→「Rows Below」を選択します。 新しい行の最初の列にAverage Rateと入力します。

12.

次のように列見出しを変更します。

13.

Annual Salary Rate列の最後の行に部門の平均給与の割合フィールドを追加します。 Total行の空のAnnual Salary Rate列をクリックして、カーソルを置きます。 「Insert」→「Field」を選択します。

14.

Fieldウィンドウで、「Annual Rt」を選択し、Calculationに「average」を選択します。 「On Grouping」 チェック・ボックスを選択します。 「Insert」をクリックして、「Close」をクリックします。

15.

表は次のようになります。

16.

Annual Salary Rateの列 データの形式を変更します。 「ANNUAL_RT」をダブルクリックします。 Text Form Field Optionsウィ ンドウが表示されます。 Typeを「Number」に変更します。 Number formatの「$#,##0.00」 を選択して、次のように編集します。 Default numberフィールドに$999と入力します。 「OK」 をクリックします。

17.

同様に、average ANNUAL_RTの 形式を変更します。

18.

テンプレートを保存して、PDF形式でプレビューします。 「Preview」→「PDF」を選択します。 プレビュー・レポートにダミー・データが表示されます。

他のWord機能をテンプレートに追加できます。

サブトピック へ戻る

トピック・リス トに戻る

レポートの定義

作成したRTFテンプレートを使用して、レポートを定義します。 レポートを定義するには、以下の手順を実行します。

1.

XML Publisher」→「Report Definition」を選択します。

2.

Report Definitionページ で、「Add a New Value」をクリックします。 レポート名にPERSONAL_PAYを入力します。


3.

Data Source IDの「Look up Datasource」アイコンをクリックします。

 

4.

begins withフィールドにPと 入力して、「Lookup」ボタンをクリックします。

5.

リストからデータソースとして「PERSONAL_DATA_PAY」 を選択します。 「Add」ボタンをクリックします。

6.

Definitionタブで、レポートの説明 を入力します。 Report Statusに「Active」を選択します。

 

7.

Report Category IDの検索 アイコンをクリックします。

8.

ALLUSER」カテゴリを選択します。

9.

Templateタブで、RTFテンプレート をアップロードします。 テンプレートのStatusを「Active」に設定します。

 

10.

Upload」ボタンをクリックします。 Personal_Data_Pay.rtfテンプ レートを参照して、「Upload」をクリックします。

 

11.

Outputタブで、デフォルトの出力に「PDFを 選択します。 「Save」をクリックします。 これで、Report Viewerにレポートを表示できます。

 

トピック・リス トに戻る

Oracle XML Publisherレポートの実行および表示

1.

PeopleSoftアプリケーションの左側のナビゲーショ ン・バーから、「Reporting Tools」→「XML Publisher」→「Query Report Viewer」を選択します。

2.

Query Report Viewerペー ジで、「Search」ボタンをクリックします。




3.

レポートのリストから「PERSONAL_PAY」 を選択して、「View Report」をクリックします。

4.

レポートの処理中にProcessingが上 部に表示されます。 処理が完了した後、グラフと表を使用した3ページのPDFレポートが表示されます。

これで、Oracle XML Publisherを使用したPeopleSoftアプリケーションのレポートが作成されました。

 

トピック・リス トに戻る

このレッスンで学習した内容は次のとおりです。

 

トピック・リス トに戻る

このチュートリアルでは、PeopleSoft環境でOracle XML Publisherを使用してレポートを作成する方法を学習しました。 Oracle XML Publisherは、"Oracle Business Intelligence Publisher"(Oracle BI Publisher)と呼ばれるスタンドアロン製品としても使用できます。 Oracle BI Publisherには、JDBC接続、HTTP経由のXMLフィード、Webサービスを提供するリレーショナル・データベースなどの広範なデータソース にアクセスできる追加機能および使いやすいウィザードがあります。 Oracle BI Publisherは、テンプレートの作成とレポートの定義を促進します。また、さまざまなテンプレート・タイプと出力形式を提供します(Excelワー クシートを作成するためにExcelを使用したり、Flash出力を作成するためにAdobe Flexを使用したりして、テンプレートを作成できます)。 Oracle BI Publisherの詳細については、他のOTNチュートリアルが含まれるここを 選択してください。

トピック・リス トに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、 すべてのスクリーンショットが非表示になります。


Oracle Corporation発行の「Creating PeopleSoft Reports Using XML Publisher」の翻訳版です。

この文書はあくまで参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されるこ とがあります。 万 一、誤 植などにお気づきの場合は、オラクル社までお知らせください。 オラクル 社は本書の内容に関していかなる保証もしません。 また、本 書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。

Oracle はオラクル社の登録商標です。
その他の会社名および製品名は、 あくまで その製品および会社を識別する目的にのみ使用されており、 それぞれ の所有者の商標または登録商標です。